イタリアンについて

イタリアンと日本の食文化

イタリア料理は、イタリアを発祥とする料理法でユネスコの無形文化遺産に登録されています。
イタリア料理は、フランス料理の原型であるとも言われています。
地中海に面する地域では魚介類を用いた料理が多く見られ、
北部や内陸の地域では肉や乳製品を使った料理も多く食べられています。
世界中でイタリアンは愛されており、さまざまな国でパスタやピッツァは人気です。

 

日本でもイタリア料理は、イタリアンやイタ飯などと呼ばれ多くの方から指示されています。
日本では数多くのイタリア料理店があり、カジュアルなお店から高級店までさまざまなお店があります。
 
日本のイタリアンは、オリーブオイルやトマト、魚介類を使用した料理が多いのも特徴です。
また、素材の味をいかしたシンプルなお料理も多く見られます。
日本で人気のイタリアンのメニューは、
モッツァレラチーズとトマトのカプレーゼや魚介類のカルパッチョ、パスタなどです。
また、ピッツアやバーニャカウダなども高い人気があります。

 

日本で食べられているピザには、アメリカタイプとイタリアタイプがあります。
これらには、生地や製法などの違いがあります。イタリアタイプのピザは、ピッツァとも呼ばれています。
ピッツァは、専用のまき窯で焼かれる事が多く生地もアメリカタイプに比べて薄いのが特徴です。
アメリカタイプは、イタリアタイプのピザよりも生地に厚みがあるのが特徴です。
また、一般的にオーブンで焼く事が多いです。

 

日本の食卓にもイタリアンは良く登場しており、
日本の食文化のなかに根付いてきています。
料理だけでなく、オリーブオイルやバルサミコ酢などの調味料に関しても使用される日本人が増加しています。

イタリアンのコース料理の順番

イタリアンにもカジュアルなお店から高級店まで、さまざまなスタイルのお店があります。
日本でもバブル期から、人気が高まり多くのイタリアンのお店が存在しています。
イタリアンのコース料理では、料理の出る伝統的な順番が存在します。
また、メニューも一般的にこの順序で記載されている事が多いです。

 

まず最初に提供されるのが、アペリティーヴォと言われる食前酒です。
これには、食欲を増進させる効果があります。
アマーロと呼ばれる薬草入りの酒や発泡ワインなどを飲む事が多いです。

 

続いてアンティパストと呼ばれる前菜を食べます。
これは、ハムやチーズ、燻製、カルパッチョなどが提供される事が多いです。
次に、プリモ・ピアットと言われる主菜が続きます。
サラダやパスタ、リゾット、ポレンタ、スープなどを食べます。
さらに、セコンド・ピアットと呼ばれる主菜が続きます。
これは、魚料理か肉料理が提供されます。
魚料理と肉料理の両方がコースに含まれる場合は、魚料理から給仕されます。
続いて、コントルノと言われる副菜が提供されます。
これは、つけ合わせとなるミニサラダや野菜の事です。
通常主菜に野菜はついていない為、野菜を取りたい方はコントルノを注文する必要があります。
伝統的なメニューでは、セコンド・ピアットと一緒に提供されます。

 

その後、ドルチェと言われるデザート類が提供されます。
果物やお菓子、チーズなどになります。
さらに、カッフェと呼ばれるコーヒーが続きます。
基本的には、エスプレッソコーヒーが提供されます。
この際カプチーノを注文すると、満腹でない事を意味します。
最後は、ディジェスティーヴォと呼ばれる食後酒となります。
グラッパやリモンチェッロなどのリキュール類が、小さなグラスで提供されます。

 

女子会に最適!パンケーキが人気の天王寺のお店

更新履歴